豊田 英樹 (とよだ ひでき)

nigaoe.jpg* 略歴

1963年  三重県亀山市生まれ
1988年  順天堂大学医学部卒業
1994年  三重大学大学院医学研究科博士課程内科系修了
1995年  愛知県がんセンター消化器内科
2000年   三重大学医学部附属病院 第二内科 助手
2002年7月 三重大学医学部附属病院 光学医療診療部 助手
2002年10月 Karolinska Hospital ( スウェーデン、ストックホルム)消化器科留学
2004年   三重大学医学部附属病院 光学医療診療部 講師
2007年   三重大学医学部附属病院 光学医療診療部 副部長
2008年   ハッピー胃腸クリニック 院長

2009年    三重大学医学部 臨床教授
(注:光学医療診療部とは消化器内視鏡検査・治療を専門とする部署です)

*資格など

医学博士
(基礎研究・臨床研究が得意です。よくある疾患だけでなく、稀な疾患の診断へのアプローチを得意とします。極めて稀な疾患の診断・治療を多数経験してきています。)
総合内科専門医(とりあえず内科を診療科目に加えている医師と、内科を専門に勉強してきた医師を見分けるための資格です)
消化器内視鏡専門医・指導医(消化器内視鏡を極めた医師と、そうでない医師を見分けるのに役に立つ資格です)
消化器病専門医(消化器疾患の勉強をしてきた証拠です)、
超音波専門医(超音波検査・エコー検査を極めた医師を見分けるのに役に立つ資格です)、

胃腸科専門医(日本消化管学会が新たに認定を開始した 胃腸科が専門である証です)
H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医 (ピロリ菌の診断・治療の専門家である証です)

日本カプセル内視鏡学会指導医 (カプセル内視鏡の専門家である証です)

日本医師会認定産業医
 

日本消化器内視鏡学会学術評議員


* 主要専門領域

早期食道癌・早期胃癌の拡大内視鏡検査による精密診断、
大腸内視鏡検査・治療(現在までに1万件以上施行)、
腹部超音波検査(エコー検査)による診断
胃食道逆流症(逆流性食道炎など)、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、
ヘリコバクター・ピロリ菌感染症、消化管悪性リンパ腫
機能性胃腸症
機能性ディスペプシア(胃の不快な症状を引き起こす病気、いわゆる慢性胃炎)
過敏性腸症候群(大腸の不快な症状を引き起こす病気)、
炎症性腸疾患(クローン病・潰瘍性大腸炎)
腹痛
便秘症、下痢症、消化不良、
肝炎、肝硬変、脂肪肝、
膵炎、胆石、胆嚢ポリープ


*受賞
平成28年度 日本消化管学会学会賞 優秀症例報告賞
AstraZeneca:リサーチ・グラント2006年
(研究テーマ:Magnifying endoscopy for non-erosive reflux disease)
内視鏡医学研究振興財団 平成17年度研究助成
(研究テーマ:酢酸散布法による早期胃癌診断の有効性について)
三重県健康管理事業センター 平成17年度がん研究助成
(研究テーマ:酢酸散布法による早期胃癌診断の有効性について)

 
*著書

・豊田英樹: 地方のクリニックでのカプセル内視鏡導入の現状.  実地医家の内視鏡診療奮戦記、春間賢監修、東京医学社、東京、73-79. 2014年10月

豊田英樹、田中匡介、竹井謙之 Barrett食道−拡大観察・写真撮影の基本とコツ. 症例で身につける消化器内視鏡シリーズ 食道・胃・十二指腸診断. 田尻久雄、小山恒男編  羊土社、東京、2009116-121

 
豊田英樹、田中匡介、竹井謙之、郷田憲一 Barrett食道−表面微細構造および微小血管パターン分類と意義. 症例で身につける消化器内視鏡シリーズ 食道・胃・十二指腸診断.田尻久雄、小山恒男編羊土社、東京、2009122-125
 

 

 

*論文

・Toyoda H, Tanaka K. Intestinal Anisakiasis Treated Successfully with Prednisolone and Olopatadine Hydrochloride. Case Reports in Gastroenterology 10: 30-35, 2016.
豊田英樹: 特集 消化管疾患はエコーで診断する: プライマリ・ケアでの消化管エコー活用術 エコーは触診・聴診の進化型. 日本医事新報 53 No4806. 51-58, 2016
豊田英樹、村越三衣、豊田美香、豊田長世. 腹部超音波検査が早期診断に有用であった腸管出血性大腸菌O157による食中毒.三重医報 651号:29-32、2015
豊田英樹: クリニック開業も意外に楽しい?! Frontiers in Gastroenterology 18(3):254-261,2013 
豊田英樹 、田邊菜穂 、中瀬美紀子、豊田美香、豊田長世.カプセル内視鏡検査がNSAIDs小腸潰瘍の診断に有用であった1例.三重医報 57833-35, 2009

Toyoda H, Rubio C, Befrits R, Hamamoto N, Adachi Y, Jaramillo E. Detection of intestinal metaplasia in distal esophagus and esophagogastric junction by enhanced-magnification endoscopy. Gastrointest Endosc. 2004;59(1):15-21.
豊田英樹、田中匡介、斉藤知規ら. 切開・剥離法(ESD)に必要な胃癌術前診断-新しい診断法:酢酸散布.  胃と腸; 40巻: 801-808, 2005.
豊田英樹,田中匡介,Edgar Jaramillo,竹井謙之.酢酸法を用いた内視鏡観察. Gastroenterological Endoscopy; 49巻: 1706, 2007.
豊田英樹, 田中匡介, 青木雅俊, 濱田康彦, 小坂良, 野田知宏, 山口素子, 井本一郎, 片山直之, 竹井謙之. 【胃悪性リンパ腫にどう対応するか】 胃悪性リンパ腫の診断をどう進めるか 内視鏡診断の進め方. 消化器の臨床.10巻3号 Page257-261(2007)
豊田英樹, 田中匡介, 濱田康彦, 青木雅俊, 小坂良, 野田知宏, 井本一郎, 竹井謙之. 手技の解説 酢酸併用NBIの有効性について. 臨床消化器内科.22巻9号 Page1259-1262(2007)
豊田英樹, JaramilloEdgar, 齊藤知規, 田中匡介, 門脇重憲, 松崎晋平, 今井奈緒子, 直田浩明, 向克己, 井本一郎, 足立幸彦. 手技の解説 拡大内視鏡によるspecialized intestinal metaplasia診断. 臨床消化器内科.19巻4号 Page501-506(2004)
豊田英樹,足立幸彦,田中匡介,門脇重憲,松崎晋平,井本一郎,Carlos Rubio ,Edgar Jaramillo. 1.5%酢酸を用いた拡大内視鏡による下部食道・胃食道接合部観察の有用性の検討. セラピューティック・リサーチ, 26(4) : 692-696, 2005.
・ Saito T, Toyoda H, Yamaguchi M, Nakamura T, Nakamura S, Mukai K, Fuke H, Wakita Y, Iwata M, Adachi Y, Shiku H. Ileocolonic lymphomas: a series of 16 cases. Endoscopy. 2005 May;37(5):466-9.
Toyoda H, Jaramillo E, Mukai K, Saito T, Imai N, Naota H, Sase T, Mizuno T, Shiku H, Imoto I, Adachi Y.Treatment of radiation-induced hemorrhagic duodenitis with argon plasma coagulation. Endoscopy. 2004 Feb;36(2):192.
Toyoda H, Nomoto Y, Ii N, Suzuki H, Mukai K, Yamaguchi M, Miyashita H, Toyoda M, Shiku H. Endosonographic images of low-grade lymphoma of mucosa-associated lymphoid tissue after radiotherapy. J Clin Gastroenterol. 2001 Sep;33(3):237-40.
Toyoda H, Yamaguchi M, Nakamura S, Nakamura T, Kimura M, Suzuki H, Mukai K, Sawa H, Kawamura K, Shiku H.Regression of primary lymphoma of the ampulla of Vater after eradication of Helicobacter pylori. Gastrointest Endosc. 2001 Jul;54(1):92-6.
Toyoda H, Yamaguchi M, Uemura Y, Mukai K, Sawa H, Suzuki H, Shiku H.Successful treatment of lymphoid follicular proctitis with sulfasalazine suppositories. Am J Gastroenterol. 2000 Sep;95(9):2403-4.
Toyoda H, Kobayashi N, Mukai K, Sawa H, Suzuki H, Toyoda M, Shiku H.Endoscopic resection of coexisting superficial carcinoma and a retention cyst. Endoscopy. 2000 Jul;32(7):S41.
Toyoda H, Ono T, Kiyose M, Toyoda M, Yamaguchi M, Shiku H, Tonouchi H.Gastric mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma with a focal high-grade component diagnosed by EUS and endoscopic mucosal resection for histologic evaluation. Gastrointest Endosc. 2000 Jun;51(6):752-5.
Toyoda H, Nakamura T, Shinoda M, Suzuki T, Hatooka S, Kobayashi S, Ohashi K, Seto M, Shiku H, Nakamura S.Cyclin D1 expression is useful as a prognostic indicator for advanced esophageal carcinomas, but not for superficial tumors. Dig Dis Sci. 2000 May;45(5):864-9.
Toyoda H, Nakai K, Omay SB, Shima H, Nagao M, Shiku H, Nishikawa M.Differential association of protein Ser/Thr phosphatase types 1 and 2A with the cytoskeleton upon platelet activation. Thromb Haemost. 1996 Dec;76(6):1053-62.
・Tanaka K, Toyoda H, Kadowaki S et al. Features of early gastric cancer and gastric adenoma by enhanced-magnification endoscopy. J Gastroenterol. 2006; 41: 332-338.
Toyoda H, Tanaka K, Hamada Y et al. Magnification endoscopic view of an early gastric cancer using acetic acid and narrow-band imaging system. Digestive Endoscopy 18(s1):S41-S43: 2006.
・田中匡介, 豊田英樹, 井本一郎ら. NBI・酢酸併用拡大内視鏡観察が範囲診断に有用であった表在Barrett食道腺癌の1例. 胃と腸; 41巻: 1480-1483, 2006.
・田中匡介, 門脇重憲, 濱田康彦,小坂 良,井坂利史,直田浩明,今井奈緒子,山中光規朗,白石泰三,豊田英樹. Endoscopic Submucosal Dissectionにおける酢酸併用拡大内視鏡の有用性. Gastroenterological Endoscopy; 49巻: 12-20, 2007.
・濱田康彦,田中匡介,小坂 良,門脇重憲,井本一郎,豊田英樹.Hookナイフを用いた内視鏡的粘膜下層剥離術にて切除し得た直腸カルチノイドの2例. Gastroenterological Endoscopy; 49巻: 1273, 2007.
・Tanaka K, Toyoda H, Kadowaki S et al. Features of early gastric cancer and gastric adenoma by enhanced-magnification endoscopy. J Gastroenterol. 2006; 41: 332-338.
・Tanaka K, Toyoda H, Kadowaki S et al. Use of proton pump inhibitors may cause squamous epithelial masking of intramucosal carcinoma in Barrett's esophagus. Endoscopy. 2007 Apr 18; [Epub ahead of print]
Toyoda H, Nakase T, Tomeoku M, Morita K, Kato M, Murata T, Ono A, Kuwajima M, Kono N. Improvement of hemolysis in muscle phosphofructokinase deficiency by restriction of exercise. Intern Med. 1996 Mar;35(3):222-6.
Toyoda H, Tomeoku M, Fujioka H, Hamada M, Kanamaru M. Herpes zoster associated encephalitis with rapid response to a combination therapy with acyclovir, prednisolone and human gamma-globulin. Nippon Ronen Igakkai Zasshi. 1991 Nov;28(6):837-8.
・高橋 孝夫, 山村 義孝, 松尾 浩, 小寺 泰弘, 紀藤 毅, 豊田 英樹. 先天性第X因子欠乏症を伴った早期胃癌の1切除例.日消外会誌 30: 2191-2195, 1997
豊田 英樹,黒川 宗一,田中 英樹[他]. 水酸化ナトリウム誤嚥により急性呼吸不全をきたした一剖検例. 三重医学.Vol.35,No.4.pp.723-726 (1992)
Toyoda H, Tanaka H, Nakaya R, Kawanishi M, Ono T,Lumbago as a presentation of B-cell lymphoma invading psoas muscle. Rinsho Ketsueki. 1992 Sep;33(9):1285-6.
・Nishikawa M, Omay SB, Toyoda H, Tawara I, Shima H, Nagao M, Hemmings BA, Mumby MC, Deguchi K.,Expression of the catalytic and regulatory subunits of protein phosphatase type 2A may be differentially modulated during retinoic acid-induced granulocytic differentiation of HL-60 cells. Cancer Res. 1994 Sep 15;54(18):4879-84.
・Omay SB, Ogasawara H, Toyoda H, Nakai K, Shima H, Nagao M, Mumby MC, Shiku H, Nishikawa M., Translocation of protein phosphatase 1 catalytic subunits during 1,25-dihydroxyvitamin D3-induced monocytic differentiation of HL-60 cells. Cancer Res. 1995 Feb 15;55(4):774-80.


*講演会 (医師・薬剤師を対象とした講演です。機能性胃腸症の診断と治療についてのレクチャーが多いです。)・学会発表


「カプセル内視鏡について」

 田邊菜穂:「カプセル内視鏡における内視鏡技師・看護師の役割」

 第4回三重県消化器内視鏡技師研究会 2009118日 四日市市

「胃腸に関する最近の話題」

 鈴鹿地区薬剤師会勉強会 2009820日 鈴鹿市

 「カプセル内視鏡にて発見された小腸潰瘍性病変」

 第7回 三重IBD研究会 2009723日 津市

「クリニックでカプセル内視鏡を導入する意味があったのか?」

 第12回三重県臨床消化器研究会 2009711日 津市

「カプセル内視鏡について −導入後1年間の経験を振り返って−」

 第二回 松阪胃腸疾患研究会 2009629日 松阪市

「Fスケールを用いると胸やけ・むかつき診療が楽しくなる」

 第12回 北勢消化器懇話会 2009626日 四日市市

「どうすれば防げる“むねやけ・むかつき”」

 平成21年度 第二回 亀山学校 2009514日  亀山市

「どうする むかつき 胸やけ 胃の痛み」

 三重消化管Seminar 平成21416日 津市

「カプセル内視鏡検査がNSAIDsによる小腸潰瘍の診断に有用であった1例」  

 第207回日本内科学会東海地方会 平成21214日 津市

「ありふれているが奥が深いお腹の病気  〜過敏性腸症候群 IBS〜」
 四日市診診連携勉強会、四日市都ホテルにて (平成20年12月2日)

 名賀医師会臨床懇話会 名張市 平成21年1月15日
「消化器専門病院におけるIBS実態調査の結果について」
 -過敏性腸症候群 学術講演会- ホテルグリーンパークにて(平成20年10月23日)
 「ありふれているが奥が深いお腹の病気  〜過敏性腸症候群 IBS〜」
 第354回 水曜会、三重中央医療センターにて (平成20年9月24日)
「どうしたらNSAIDsから胃と腸の粘膜を守れるか」
 第6回 松阪地区医師会臨床懇話会 (平成20年6月19日)
 名賀医師会臨床懇話会 (平成20年8月21日)
「大丈夫ですか? あなたの胃腸!」                                                      第4回健康管理講演会 シャープ株式会社亀山工場(平成20年3月27日)
「どうしたらNSAIDsから胃粘膜を守れるか?」
 津地区医師会整形外科臨床医会勉強会 (平成20年3月21日)
「消化器科からみた抗血栓薬投与における注意点」: 
 第223回四日市循環器懇話会 (平成20年3月5日)
「機能性ディスペプシア(FD)・非びらん性逆流症(NERD)の治療法について 病体生理から考える」: むかむか・胸焼け・胃の痛みをなくす会 (平成19年12月17日 )
どうする? むかつき・胸焼け・お腹の痛み」:
 第69会臨床外科学会総会 ランチョンセミナー (平成19年12月1日 パシフィコ横浜
拡大内視鏡による胃癌・食道癌診断と粘膜切開剥離法による内視鏡治療
 第74回中勢地区外科医会(平成19年11月10日)
どうする? むかつき・胸焼け・お腹の痛み
 多治見医師会講演会(平成19年10月27日 予定)
上腹部症状に対する新たな治療戦略 part 2」:
 松阪フレックスホテル 平成19年10月4日
Fスケールを用いると胸焼け・むかつき診療が楽しくなる
 亀山医師会研修会(平成19年8月30日)
どうする? むかつき・胃の痛み・胸焼け
 紀北医師会学術講演会 尾鷲総合病院(平成19年7月19日)
消化管疾患における最近の話題
 第51回 津薬剤師会生涯研修会(平成19年7月18日)、
ガスモチンの使い方のコツ
 希望に満ちた消化器内科医の集い (平成19年7月3日)
胃もたれ・むかつき・胸焼けをどう治すか?」
 三重大学 先端医学教育研究棟 (平成19年6月7日)、
上腹部症状に対する新たな治療戦略」:
 伊勢商工会議所(平成19年6月21日)、
 松阪フレックスホテル(平成19年6月26日)、
 プラザ洞津(平成19年6月14日)、
 上野フレックスホテル(平成19年5月25日)、
 桑名シティーホテル(平成19年5月31日)、
 名張シティーホテル(平成19年5月30日)、
どうする? むかつき・胃の痛み・胸焼け
 伊勢パールピアホテル(平成19年5月24日)
Fスケールを用いると胸焼け・むかつき診療が楽しくなる
 ホテルグリーンパーク津(平成19年5月16日)
胃食道逆流症の診断と治療
 いなべ医師会学術講演会(平成19年3月17日)
各科診療からみた胃食道逆流症の診断と治療
 ホテルグリーンパーク津(平成19年3月15日)
Fスケールを用いると胸焼け・むかつき診療が楽しくなる
 平成18年度 松阪地区臨床集談会(平成19年2月22日)
上部消化管疾患における最近の話題
 第290回 中勢地区薬剤師学術勉強会(平成19年1月18日)
Fスケールを用いると胸焼け・むかつき診療が楽しくなる
 伊勢市医師会病診連携症例検討会(平成18年11月27日)
上腹部症状に対する新たな治療戦略を考える」:
 プラザ洞津(平成18年10月19日)、
 ホテルグリーンパ-ク鈴鹿(平成18年10月20日)、
 松阪フレックスホテル(平成18年10月26日)、
 上野フレックスホテル(平成18年10月27日)、
Fスケールを用いると胸焼け・むかつき診療が楽しくなる
 消化器クリニカルカンファレンス(平成18年9月28日)
「むかむか・胃の痛み・胸焼け」治療に対する新しい提案
 伊勢消化器勉強会 (平成18年7月19日)
上部消化管疾患の話題
 第143回 松阪地区薬剤師学術勉強会(平成18年6月22日)
上部消化管における拡大内視鏡の勧め
 北勢消化器懇話会(平成18年2月3日)
早期胃癌の内視鏡診断・治療の進歩
 松阪中央総合病院学術講演会 (平成17年7月21日)
GERDに関する最近の話題
 伊賀医師会学術講演会(平成17年7月14日)