院長が発見した病変がGASTROENTEROLOGYに掲載されました!!

院長が胃内視鏡検査で発見した「頸部食道の異所性胃粘膜に発生した食道腺癌」の病変が

世界で最も権威ある消化器病学の医学雑誌であるGASTROENTEROLOGYに掲載されました。

院長が発見し、三重大学医学部附属病院 光学医療診療部 副部長 田中匡介先生が拡大内視鏡検査と内視鏡的切除術を施行し 論文としてまとめられたcaseです。

レベルの高い診療を通して 三重県の消化器診療の進歩のため努力し、世界の医療の進歩のためたとえわずかであっても 貢献し続けることが 私たちの使命です。

 

論文 .pdf

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)