Jun.様からとても嬉しいメールを頂きました。

*****************************************

津市にお住まいのJun.様からとても嬉しいメールを頂きました。

メールを頂きどうも有難うございました。

精度の高い胃内視鏡検査を 少しでも楽に受けて頂くことができますように スタッフ一同 日々努力しています。

検査の楽さの点では まだすべての方に御満足頂けるわけではありませんが、細心の注意を払って可能な限り丁寧に検査をさせて頂きます。 

*****************************************

今回お願いしたのは、定期健康診断の胃バリウムX線検査の結果、「噴門部透亮像大」「噴門部粘膜不整」という診断が出たためでした。

 私は喉が過敏で朝方はよく嘔吐くほどで、十数年前にも検診で要精検(理由は不明)が出た際に、某総合病院で受けた胃内視鏡検査では、非常に苦しい思いをいたしました。検査中、嘔吐く私に、検査医師は「もうちょっと我慢して」と仰られたのですが、胃カメラの太いチューブを口にしながら、必死で「すみません」と涙ながらに応えました。 「謝らなくてもいい」と仰る医師に『そんなこと言ったって!』と心の中でつぶやいたものでした。

そんな経験から、経鼻内視鏡などで、もう少し楽に検査を受けたいと思い、ネットで探したところ豊田様のクリニックを見つけた次第です。貴院はとりわけ内視鏡検査について非常に専門性の高いこともわかり、もうここしかないとお願いする事にいたしました。今回は、より正確な診断ができるということで経鼻ではなく経口内視鏡でしたが、内視鏡の挿入時も、検査中も全く苦痛もなく、楽に検査を受ける事ができ、よかったです。

検査を受ける立場としては、その検査結果がどうなのかが非常に不安なものです。その上に、その検査自体が苦痛を伴う事が予想されると、検査日までの期間が精神的にも非常にきついものになります。そういう意味で、今回貴院にお願いした事により、精神的不安を半減する事が出来ました。検査結果も胃だけでなく、十二指腸や食道も含めて画像を見せて頂きながら、丁寧なご説明を頂きました。幸い、軽い胃炎以外はどこも異常が認められずよかったです。検査を楽にしていただくだけでなく、先生のように高い専門的な診断技術と患者に寄り添う姿勢があってこそ、患者にとって本当の救いとなるのだろうと思います。

もし、次回また内視鏡検査を要する事がありましたら、是非、貴院でと存じます。

この度は、本当にありがとうございました。

今後とも豊田先生のご活躍を心よりお祈りいたしております。

*****************************************

blog:http://jun-d45.blogspot.com/

Web:http://musictrack.jp/user/14973

Jun.様のページです。私と同年代の方には 懐かしい音楽(フォークソングなど・・とくに伊勢正三さんの曲など)を 素晴らしいギター演奏で聴かせていただくことができます。 興味のある方はぜひ訪れてください。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)