内視鏡医の選び方

どの医師に内視鏡をうけるべきだと思いますか?

胃内視鏡くらい誰にしてもらっても差はないのではと思っていませんか?私が考えるお勧めの内視鏡医のプロフィールを述べます。

@検査を楽にしてくれることはとても重要なことです。しかし、これは必要最低限の条件です。これだけでは十分ではありません。
どんなレベルの病院で内視鏡の経験を積んでも、数をこなせば検査を楽に終わらせることは比較的簡単です。私の今までの経験では楽に検査をしてくれることと、内視鏡診断の能力には必ずしも関係はありません。

A「小さい癌」、「見つけにくい癌」、「稀な腫瘍」、「稀な病気」を的確に見つけて診断することはかなり難しいです。

たとえば診断が難しいものには「早期の食道癌」があります。食道癌の予後は悪いため早期に診断しないと取り返しがつかないことになりかねません。私は今までに約70例の早期食道癌を診断してまいりました。しかし、胃内視鏡検査をしてみえる医師のなかには早期食道癌を自分で見つけたことのない方も相当みえるのではないかと思います。

内視鏡診断はパターン診断です。つまり、「こういう内視鏡像が見られた場合****が考えられる」という経験の積み重ねで、内視鏡診断能力は高まるのです。「こういう内視鏡像は・・・・」という経験をいっぱい持った方が診断能力の高い内視鏡医であるわけです。従って、見たこともない病変を診断することは不可能に近いということが言えると思います。ただし、内視鏡検査の数だけ多く経験してもあまり意味がありません。その結果を振り返っていかに反省したか・よく検討してきたかがとても重要です。自分が行った検査を十分検討している医師は、その結果を「論文」や「学会発表」という形で残しているものです。

「小さい癌」、「見つけにくい癌」、「稀な腫瘍」、「稀な病気」を十分経験し、的確に診断できるようになるためには、症例が多数集まる大きな専門病院で、かつ真摯に内視鏡診断に取り組んでいるチームに参加し、そこで数年以上の経験が必要でしょう。さらに、経験した症例を振り返り・検討し続けてきたことを「論文」などにまとめて世界に報告してきた経験がとても大事であると私は考えています。





この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)