検査が終わってからのこと

*リラックスする注射を使った場合: 
 ・検査終了後、使用した薬のために少し体がふらつくことがありますので、1時間程度休んで頂いた後で帰っていただきます。
 
*口からの内視鏡検査を行った場合:
 ・検査後 2時間は飲んだり食べたりできません
                 (むせることがあるため)。
 ・2時間して水を飲んでいただき、
         むせなければ食事をしていただいて結構です。


*組織検査(生検)を行った場合:
    当日は消化の良い食事にしてください。
    アルコールは飲まないで下さい。

 

検査はどのようにすすむの?

1. 胃の中をきれいにするための薬の入ったお水を飲んでいただきます(胃の壁にへばりついている粘液を洗い流し、観察が容易になります)。

2.血圧を測定した後で 喉にスプレー式の麻酔薬を噴霧します。

3.内視鏡検査を楽に行うために、希望によりリラックスできる注射をします。

4.リラックスできる注射を使用した場合は 血液中の酸素濃度をモニターするために指にクリップの様なものをつけます。

5. 内視鏡を喉より挿入し、検査が始まります。検査時間は5〜10分間程度で終了します。

6.病変(潰瘍・ポリープなど)を認めた場合、少し組織を採って調べます(生検と呼びます)。痛みはありません。少し出血しますがすぐに止まります。

検査をうけるにあたっての注意事項

1. 検査前日は、夜9時までに夕食をおとりください。夜9時以降は禁食ですが、水やお茶、透明なジュースなどは飲んでいただいて結構です。

2. 検査当日は、朝食をとらずに来院ください。起床時にコップ1杯の水は飲んでいただいて結構です。(空腹の際は砂糖を舐めていただいてもかまいません)

3. 常用薬(血圧・心臓・喘息・精神科などの薬)を飲んでいる方は、起床時(朝6時頃)に服用してください。

4. 衣服は着脱しやすい服でご来院いただき、宝石・アクセサリー類も控えてください。

*血液をさらさらにする薬(アスピリン、バファリン、パナルジン、プラビックス、プレタール、ワーファリン)を服用されている方は、検査の予約の際申し出てください。これらの薬を服用されていますと、組織検査ができません(組織検査のあと出血が止まらなくなるため)。

胃内視鏡検査とバリウムによるレントゲン検査との違いは?

かつては胃がん検診の主流はバリウム検査でした。
バリウム検査では胃の内部を影絵を見て診断するため、小さい病変をもれなく確実に診断するのは困難です。

一方、胃の中をリアルタイムに直接観察できる内視鏡検査は、見落としのない詳しい観察・診断を行うことができます。

さらに、内視鏡検査は診断と同時に組織検査が行えるという利点もあります。こうしたことから、現在では胃がん検診においても内視鏡検査が主流となってきています。

「内視鏡検査は苦しい」と言われていましたが、内視鏡検査に使う器具は細くてやわらかな内視鏡になり、また検査方法も改善されました。さらに軽い鎮静剤を使用することでより楽に、そして安心して検査を受けられるようになりました。